忍者ブログ
登録メルアドを忘れ、兄貴のブログを乗っ取り中。
16 14 23 42 41 24 40 25 39 38 35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バーン・ジョーンズの作品をみんなで書こうよ!って楓が言い出したのがかれこれ数年前なんだよね。

ところがsai やalei がさ、本物を知らないでポストカードやポスターで「好き」だと感じる作家じゃないんだよってたしなめた。

たしかにバーン・ジョンズの作品の危険性はそこ!

これはポスター画像の色彩で実際はこうですってないと、まったく違うし、作品の部分が切り取られて違和感があったり、曖昧に描かれていたりするから見えていないものが結構ある。

記事 チョーサー 女子修道院長の物語(カンタベリー物語)

そして今回使用する画像は申し訳ないけど色質が悪いことを了承してご覧になってください。美術館カタログなんだけどね・・・。
 

「Hope」1896年 Sir Edward Coley Burne-Jones Museum of Fine Arts, Boston

バーン=ジョーンズ 「希望」 1896年 ボストン美術館所蔵

この希望というタイトルの作品で重要なのは、女性の足元が鎖で繋がれているところ。囚われている女性なんだ。

追記 ちょっと!バーン=ジョーンズって「囚われた希望」って作品あるんだ!→記事 「不思議の国の世紀末

これはホワイティン家の依頼があって描かれたもので、これがボストン美術館所蔵の作品になるの。
 


 

「Hope」1896年 Sir Edward Coley Burne-Jones Museum of Fine Arts, Boston

彼女は希望を象徴するような「青空」に手をのばしている。でもどこか不安げ。このスタイル、アレですよ!

「Hope」1896年 Sir Edward Coley Burne-Jones Museum of Fine Arts, Boston

満開の林檎の花の枝を左手に持ってる。「林檎の花」の花言葉が「名誉」、「選択」「評判」「選ばれた恋」になるよう。

「Hope」1896年 Sir Edward Coley Burne-Jones Museum of Fine Arts, Boston

足に鎖をつけられている。足枷という?これは囚われていること、縛られていることをあらわしている。


 この依頼があったのは、実はバーン・ジョーンズが1871年に制作していた、現在ダニーディン美術館所蔵の「希望」(1871年)と同じスタイルのものをということだったらしいのよ。

バーン・ジョーンズはこの「希望」をね、あのボッティチェッリから引用しているらしいです。この「青空」に手を伸ばしている部分、「プリマヴェーラ 春」のメリクリウス(ヘルメス)、そして三美神を想像させるでしょうが。

(C) Life Style Concierge

(C) Life Style Concierge(管理人の許可を得ています)
記事 「プリマヴェーラ(春)」  ダンテの神曲の楽園説から

 


 

 Spes or ope (1871) Sir Edward Burne-Jones Dunedin Public Art Gallery

バーン=ジョーンズ 「希望」 1871年 ダニーディン美術館
Hope (1871)  Sir Edward Burne-Jones
Dunedin Public Art Gallery

ボストン美術館所蔵の「希望」は油彩だけれど、ダニーディン美術館は水彩。この使用した作品画像よりもすこし色が明るいみたいです。参考にこちらの画像もご覧ください。

ボッティチェッリのプリマヴェーラ説はたくさんあって、描かれている三美神を、ダンテの神曲プラトンの饗宴などで登場している「キリスト教」の三元徳ではという説があるんだけど、このバーン・ジョーンズの「希望」はその「三元徳」のひとつ「希望」になるんですよ。
 

caritas.jpg

バーン・ジョーンズ 「慈愛」 1867年 個人所蔵

Fides (1871), Vancouver Art Gallery

バーン・ジョーンズ 「信仰」 1871年 バンクーバー美術館

この1870年代につくられたのが「三元徳」の「慈愛」、「信仰」、「希望」ですが、ステンドグラスの制作から絵画作品化をしたらしい。

たぶんこの「慈愛」、「信仰」と連作になるのが、NGVコレクションにある「希望」(1872-77)のものだと思う。画像がなくて残念だけど。
 
じつはバーン=ジョーンズは好きじゃない。本物鑑賞しているけどね。「あぁ、本物は違う」という感動があるよ、わたしにも。

次に紹介するバーン=ジョーンズの記事は、好き嫌い抜きにして、「そうなんだ」って納得できる。画像も結構いい色質使ってるし、もちろんポスター画像もある。ゆっくり見に行ってください。

バーン・ジョーンズ「女子修道院物語」の3作品を引用
「チョーサー 女子修道院長の物語」

エドワード・バーン=ジョーンズ シリーズ編
記事バーン=ジョーンズ 眠り姫
記事バーン=ジョーンズ 聖ゲオルギウスの伝説
記事アーサー王と円卓の騎士

エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス関連記事
「バーン=ジョーンズ  ヴィーナス巡り」
「7枚の運命の女神の車輪」(↑と関連した記事)
バーン=ジョーンズ 「ヴィーナスの誕生」
エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス賛歌

エドワード・バーン=ジョーンズ 作品記事
記事YSLとベルジュのバーン=ジョーンズ
記事YSL&ベルジュのバーン・ジョーンズ(パネル)
記事エドワード・バーン=ジョーンズ 「ダナエ」
記事「レバノンの花嫁」 ソロモンの雅歌 第4章から
記事エドワード・バーン=ジョーンズ ウェヌス・エピタラミア(祝婚歌のウェヌス)
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする :
バーン=ジョーンズ 「レバノンの花嫁」 ソロモンの雅歌 第4章から
バーン=ジョーンズ レバノンの花嫁 1891年(写真画像)  ウォーカー・アート・ギャラリー 私、あまりバーン=ジョーンズが好きではなかったのですが、数年前にバーン=ジョーンズがお嬢さんにプレゼントした「眠れる姫君」(眠り姫、いばら姫)が好きになったのですが、特別に大好きな画家になることはありませんでした。 記事 「眠れる森の美女 いばら姫(眠り姫)」 現在はすこしづつ関心のある作品が増え、「ヴィーナス賛歌」を別ブログにてアップいたしました。ようやくご紹介できるように、色と作品の全景、そしてその作品...
URL 2010/05/20(Thu)00:00:52
フリーエリア
Previous Posts イヴ・クライン
 
yves_klein_03.jpg


Previous Posts フェルメール

background_02.jpg
 
*フェルメールはお好き?
*
Allegory of Painting
*フェルメールの小路
*
フェルメールのパレット
*
フェルメールのテーブル
*フェルメールのクローゼット

Previous Posts オフィーリア

lucien_levydhurmer_1.jpg

Lucien Levy Ofelia Dhurmer
ルシアン・レヴィ・デュルメル オフィーリア
*Ofelias 22枚のオフィーリア


Previous Posts M.C.エッシャー

s_set_of_10_smc_escher_art_photo_magnet_.jpg

Art Fridge Photo Magnets set
© eBay Express
http://www.ebay.com/
US $9.99 | Shipping: US $3.00

*エッシャー 球面鏡・水晶球
*
エッシャー カライドサイクル
*
エッシャー 三つの世界
*
エッシャー 錯視と錯覚
*
スーパー・エッシャー展

Previous Posts モネ 睡蓮

20060622_120350.jpg

*モネ 睡蓮
*
モネ 42枚の睡蓮

Previous Posts ミュシャ

ea6841ee.jpeg

 
 
ブログ内検索
忍者ブログ[PR]