忍者ブログ
登録メルアドを忘れ、兄貴のブログを乗っ取り中。
50 49 48 47 46 45 44 26 43 16 14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

la-4.jpg

La notte 夜
作家のジョヴァンニ(マルチェロ・マストロヤンニ)
妻リディア(ジャンヌ・モロー)

アントニオーニ  「夜」 (1961)
Michelangelo Antonioni( ミケランジェロ・アントニオーニ)

夜(ゲーム) /夜(ゲラルディニのパーティー)夜(リディア)夜(リディアとバレンチナ)

どう?

映画関連の著作本やアントニーオニのインタヴュー記事、映画のあらすじなんかを忘れても、なんとか鑑賞できるでしょう?

la-7.jpg

過去、リディアをめぐっての三角関係だった友人トマゾ
余命幾ばくもないトマゾとシャンパーニュでお見舞い

言葉がわからない映像だけのほうが、素直に映画を自分で受け止められると思う。正直、著作やインタヴューは一部削除されていたり、意訳だったりするもの。もちろんアントニーオニ自身が語ったことなんだけど、鑑賞者にとっても、それが全てじゃない。

自分の鑑賞の感覚だよね。この映画については、後半で。


 ミケランジェロ・アントニオーニ ネオレアリズモのドキュメンタリー
「ポー川の人々」、「N.U. 都市の掃除」


アントニーオニといえば、内的ネオ・リアリズモと書かれている。

映画におけるネオレアリズモって、1955年頃までの作品で、イタリアの内戦による恐怖と破壊から現実問題から主題をとったものなんだけど、この「夜」を含めた三部作で、とくに「太陽はひとりぼっち」では、内的ネオ・リアリズモってアントニーオニの作品を位置づけてるんだよね。

la-8.jpg

ネオレアリズモのドキュメンタリー 1943-47
アントニーオニ  ポー河の人々

頽廃主義ならわかるけど。これがまた、自ら名づけた「内的ネオリアリズモ」(内的ネオ・リアリスト)らしいんだ。

たしかに1943年の「ポー川の人々(Il documentario Gente del Po)」と1948年の「N.U. (Nettezza urbana)」(都市の清掃)」のドキュメンタリー映画は、ネオレアリズモ。

la-9.jpg

ネオレアリズモのドキュメンタリー
N.U. 都市の掃除

ちなみに「ポー川」は、2009年公開された「ポー川のひかり」と同じトリノ。17~18 世紀にサヴォイア家に支配されたトリノにあるポー川。その川沿いの住居(現在は禁止?)、川の氾濫と肥沃な穀倉地帯、そして現代はコカインの汚染。

「N.U.」は、ローマを掃除する人々を映しながら、ホームレス、世俗的な人々の生活が見える。普通の人々、ブルジョワジーの人々とは異界。でもね、正直に言うとちょっとアントニオーニ は、こういう人々との接点が見えないのよね。

リンク先から動画をみてもらったと思うけど、こんな映像を残しながら、ファシズムが終わってからの作品を「内的ネオリアリズモ」なんて言う所が、私が読み取れていないのか、なんだか違和感を感じるわけ。

よほど、「ネオレアリズモ」に執着しているらしいのね。対抗するファシズム(fascismo)は1945年には解体。ネオ・ファシズムは1980年にイタリアでは終焉しているのよね。

その残党に対する「内的ネオリアリズモ」かと思いきや、人間の心の内にある人間喪失、疎外状況などの「形而上的リアリティー」であり、ネオ・リアリズモを継承するために、それを内面化する必要があるんだって。


 アントニオーニ  「夜」  La notte (1961)

あんまりふりまわされると、映画の鑑賞記事じゃなく、本の引用と本の紹介、インタヴュー記事になっちゃうから、私が感じたことを書くので悪しからず。

この映画なんだけど、作家ジョヴァンニが女性にもてる役どころ。三部作の「太陽はひとりぼっち」のアラン・ドロンは、特にそんな設定はないのよ。

la-2.jpg

踊りに誘われるリディア

トマゾのお見舞いのあと、リディアはひとり街をさまよい、裏町の男たちに淫らな視線を向けられるの。もう、長い間、性の欲望の目をみたことがなかったリディア。

家に戻ると、バスルームでタオルだ、なんだといって、ジョヴァンニに裸身をみせる機会をつくるのだけれど、ちっとも効果なし。その夜は二人でナイト・クラブ。ところが夫はダンサーに夢中。

la-5.jpg

La notte 夜
 資産家ゲラルディニのパーティーでのゲーム

どうみても、くたびれた中年というジョヴァンニ(マストロヤンニ)の風采。この映画では著名人の役どころでインテリ作家だから、もてるんだろうね。

この彼が、資産家ゲラルディニのパーティーでゲームに参加。見栄や虚栄心の俗物たちのパーティー。妻リディアはこのパーティーに馴染めない様子。

la-1.jpg

資産家ゲラルディニの令嬢バレンチナ(モニカ・ヴィッティ)
この日ジョヴァンニをめぐり奇妙な三角関係

ジョヴァンニはバレンチナ(バレンチーナ)に夢中になるわけ。トマゾが死んで、今度はマストロヤンをめぐって妻リディアと令嬢バレンチナの新しい三角関係にすりかわる。

三角関係といっても、リディアとトマゾは不倫をしていたわけじゃない。マストロヤンニと結婚して何不自由なく暮らしていたリディアに、愛の不毛「倦怠」(得たいの知れない不安)がひろがったわけ。

la-3.jpg

階段の二人

トマゾがジョヴァンニよりもリディアを理解していること、そしてトマゾとリディアの遮断されていた愛は、彼の死で、リディアは思いを馳せるのです。

だから若い令嬢バレンチナとジョヴァンニの抱擁とキスをしているところを見かけても、リディアはそこで知り合った男とドライヴに。びしょ濡れで戻ってきたリディアに屋敷にきていたバレンチナはタオルで拭いてあげたり、お酒をつくったり。


「あなたがたと一緒にいると疲れるわ」といって、ジョバンニとリディアは二人になるの。リディアは美しい言葉のラヴ・レターをジョバンニに読むの。ジョバンニは誰が書いたと聞くんだけど、それはジョバンニがリディアに昔送った手紙。

「愛してないといって」というリディア。「いや、いうものか」というジョバンニ。

「愛しているといって」といえば、「いや、いうものか」とジョバンニは答えたのかな。(笑)


 
私の女を半世紀生きて、この「夜」を見直すと、古典なんかを思いだすのです。黒死病(ペスト)がイタリアを襲ったのは14世紀。

デカメロンやカンタベリ物語、エプタメロンをはじめ、艶話や恋愛の物語はたくさんある。そして、愛の不毛のようなセックスレスは、おわかりのように以前からあるもの。

彼は古典、男女の古い歴史を承知している。同じことが何度も繰り返されている。男女も政治も戦争も。

この物語で、作家のジョヴァンニが乗っているのはアルファ・ロメオ。イタリアのファシスト政権のムッソリーニの忘れ形見はアルファ・ロメオ・ スパイダー・コルサ。

わざわざ、ジョヴァンニに乗り回せたのは、「内的ネオリアリズモ」の印象を深くしようと思ったのかしらね・・・。

la-10.jpg

L'amorosa menzogna 1949

ドキュメンタリーフィルム L'amorosa menzogna 

これはアントニオーニの「愛」のドキュメンタリーで、「愛の嘘」というタイトル。これ、面白いですよ。

愛の不毛三部作(実存三部作)
記事 映画 情事 L'AVVENTURA
記事 フェミニズムな映画 「太陽はひとりぼっち」   L'eclisse - The Eclipse(日蝕)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
はじめまして。「ポー川の人々」、「N.U. 都市の掃除」という古いフィルムを拝見させていただいて、特に「N.U. 都市の掃除」に強い関心を持ちました。この映像をみたあとで、「内的ネオリアリズモ」、「形而上的リアリティー」と謳っても、管理人さんの記事本文の「違和感を感じるわけ」という気持ちが理解。物語的には「夜」は嫌いではないです。
静流 2011/07/14(Thu)22:24:09 編集
無題
コメント閉じるの忘れた?いつも閉じてるから。(爆笑)

楓とのコラボですか?「夜」は、「太陽はひとりぼっち」より、人の心の痛みがわかりやすいので、物語を楽しめます。ウサギ穴さんの「情事」で、ヴィッティ演ずるクローディアが黒い鬘をかぶるシーンがあるんだけど、この「夜」の令嬢バレンチナそのまま。連作で鑑賞した人は、あの映画に「夜」で他人の夫と情事を楽しむバレンチナを投影を感じたと思う。もしかしてそれがアントニオーニの狙いかも。
inoue URL 2011/07/14(Thu)23:25:49 編集
コメントありがとうございます。
静流さんはじめまして。

「N.U. 都市の掃除」に関心を持っていただいてありがとうございます。なかなか、その年代のドキュメンタリーを見る機会がなく、上流とブルジョワと一般市民、大衆層、下層のそれぞれの生活の落差もよく理解していませんが、たぶん大衆層と下層の姿だと思われます。アントニオーニはどちらかというと映画ではブルジョワ層から見た社会に、下層市民やマイノリティな人々をモブキャラで登場させているので、違和感を感じたわけです。コメントありがとうございました。

inoueくん、こんばんわ。
>「夜」で他人の夫と情事を楽しむバレンチナを投影<

そうだね。さっきウサギ穴さんの「情事」から、その場面を発見した。よく鑑賞して関連させてくれました。ありがとう。余裕があったら、その場面を比較してみようかと。そういえば、彼女も閉コメント派だった。この情報、彼女にも届けばいいんだけど。

>コメント閉じるの忘れた?<
そのとおりです。そのかわり、いいコメントが入りました。たまには「開」にしてみるもんですね。
maki URL 2011/07/15(Fri)20:53:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする :
映画 情事 L'AVVENTURA
どうでもいいけど、イタリア語のタイトル「L'Avventura (The Adventure)」を「情事 Fare l'amore」(love affair)としたのはどうしてなのかっていう細かい疑問。アベンチュラは「冒険」で、フランス語のアヴァンチュール(aventure)と同じく、「危険な恋」を示すとしても。 鑑賞すれば、ありのまま「情事」だよねって内容です。ただ、情事のヒロインはクローディアなんだけど、倦怠からの脱出を「冒険」とすれば、アンナが浮かんでくるワタシ。アントニオーニがフ...
URL 2011/07/14(Thu)21:12:14
フェミニズムな映画 「太陽はひとりぼっち」   L'eclisse − The Eclipse(日蝕)
ご存知のように、映画「太陽はひとりぼっち」は、ミケランジェロ・アントニオーニの「愛の不毛」三部作(「赤い砂漠」も加えると4部作)のひとつ。どうして日本は「実存三部作」と訳さなかったのかが不思議です。1960年の「情事」(L'avventura)、1961年の「夜」( La notte)に続きます。三作とも、イタリア・フランスの合作映画。映画の舞台はローマとムッソリーニ時代に建設された新都心エウローパ(エウル EUR)。共通しているのは人物の心理や行動、その問題も謎のまま、説明もなく終わることです。そして...
URL 2011/07/14(Thu)21:13:33
フリーエリア
Previous Posts イヴ・クライン
 
yves_klein_03.jpg


Previous Posts フェルメール

background_02.jpg
 
*フェルメールはお好き?
*
Allegory of Painting
*フェルメールの小路
*
フェルメールのパレット
*
フェルメールのテーブル
*フェルメールのクローゼット

Previous Posts オフィーリア

lucien_levydhurmer_1.jpg

Lucien Levy Ofelia Dhurmer
ルシアン・レヴィ・デュルメル オフィーリア
*Ofelias 22枚のオフィーリア


Previous Posts M.C.エッシャー

s_set_of_10_smc_escher_art_photo_magnet_.jpg

Art Fridge Photo Magnets set
© eBay Express
http://www.ebay.com/
US $9.99 | Shipping: US $3.00

*エッシャー 球面鏡・水晶球
*
エッシャー カライドサイクル
*
エッシャー 三つの世界
*
エッシャー 錯視と錯覚
*
スーパー・エッシャー展

Previous Posts モネ 睡蓮

20060622_120350.jpg

*モネ 睡蓮
*
モネ 42枚の睡蓮

Previous Posts ミュシャ

ea6841ee.jpeg

 
 
ブログ内検索
忍者ブログ[PR]